ブログ記事を書いた人「auther」の表示名を分からないように変更する

WordPressをインストールした時に登録したユーザー名が、ブログ記事の作者名にオンカーソル(マウスオーバー)すると下のURLバーにauther名を含むURLが表示され、クリックすると、書いた人の記事一覧のページが移動し、ページ上のURLバーにauther名を含むURLが表示されます。

気にはなっていたのですが、初心者の管理人はずっとほったらかしにしていました。

という事で、autherのところにユーザー名が表示されないようにしました。

ユーザー名自体は変更できないので、2つの方法でauther名を分からなくできます。

1、プラグインで記事下のAuther slugの表示名を変更

2、ブログ上の表示名をニックネームにする

スポンサーリンク



プラグインでAuther slugを変更

Edit Auther Slugプラグインを新規追加して有効化します。

WordPress管理画面の「ユーザー」→「あなたのプロフィール」にすすむ。

プラグインを有効化した事により、Edit Auther Slugの設定が出来るようになっています。
元々のユーザー名のチェックを外して「カスタム設定」にチェックをし、好きな表示名を入力して「プロフィールを更新」ボタンを押します。

これでマウスオーバーしてもユーザー名は表示されず、先ほど設定した任意の名前が表示されました。

わーい わーい↑

ブログ上の表示名をニックネームにする

ユーザー名のまま使っている場合はニックネームに変更します。

同じ画面で出来ます。

ニックネーム(必須)の欄に好きな名前を追加すると、その下のブログ上の表示名に一覧で追加されますから、ニックネームとして設定したいものを選びます。

おわり

Auther名=ユーザー名の表示を変えることが出来てよかったです。

今まではSiteGuard WP PluginでログインURLだけ変えて満足していたのです。

(ユーザー名が分かってしまうとログインするための条件がパスワードだけになるので、詳しい人にログインされてしまいますから、SiteGuard WP Pluginで、ログインURLを変更しています。wordpressのバージョン更新時にプラグインを停止して更新し、また有効化する度にログインURLは変更されるのですが、それでも、ユーザー名が丸見えなのは怖いです)

アラフォーから始めたアフィリエイト。本当はブログ記事だけ書いていたいのに、セキュリティ対策やらなんやらに時間をとられて困ります。でも、だんだんこうした作業が苦では無くなって来てうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク