評判のF家の【から田揚げ】のレシピ。から揚げと竜田揚げの中間?

から揚げなのか、竜田揚げなのか、正体の分からない我が家の「から田揚げ」のレシピ公開中。

よく、スーパーやデパ地下のお惣菜のから揚げが食べたい時もあれば、カラッとした粉ふき系の軽ーいサクサクしたのが食べたい時も。

15年以上、イロイロ作ってみたのですが、私の周りのすごく小さな範囲では、このから田揚げが大人気。すっかり「から田揚げ担当」になってしまいました。おそらく、当たり障りない味なのでしょう・・・

F家のから田揚げの注意点

●F家のから田揚げは、ヘルシーさとコスパのバランスを考え、フライパン少量の新しい油を入れて作っています

●そのため、形はあまり良くありません

●たっぷりの油で作る場合は味も形も変わります

●粉は、あえて小麦粉だけを使います。

●揚げ物をする時は、火事に気を付けてください

※から揚げと竜田揚げの違いには様々な意見があり、厳密によく分からないので、F家では勝手に「から田揚げ」と呼んでいます。いつも適当なので、レシピに分量はありません。今回、無理やり”大さじ小さじ”等に当てはめました。

F家の “から田揚げ” のレシピ

安定版はチューブのにんにくと生姜を使っています。

安定版の材料(2~3人分)

○食品を入れる用のビニール袋
○鶏もも肉2枚分500~600g(一口大に切る)

★醤油 大さじ1.5
★砂糖 小さじ2
★酒 大さじ1.5
★塩 小さじ2分の1
★鶏ガラのだし(中華スープのもと) 大さじ1
★ニンニクチューブ 5㎝分
★生姜チューブ 5㎝分
★コショウ少々
★ごま油 小さじ1

○結構良く溶いた溶き卵(1個分)
○小麦粉(大さじ5程度)

・キャノーラ油などの揚げ油

作り方

・付け込み液(★の材料)を入れたビニール袋に鶏肉を入れてよくも見込み、空気を抜くように口を縛って真空っぽくできたら3時間以上冷蔵庫で冷やす。

 

・新しいビニール袋に、鶏肉を移し替える。(この時、汁は入れない。かといって、拭いたり絞ったりしない)

・溶き卵と小麦粉を加え、袋の外から良くもむ。(この配合の場合、先に小麦粉と卵を混ぜてしまうと、ねっとりし過ぎて鶏肉にからみにくく、鶏肉の組織が崩れてしまう感じなので、溶き卵も小麦粉も鶏肉の上にドサっと入れたほうがいいです)

 

 

・フライパンに2~3㎝ほどの油を熱し、からりと揚げる。

(揚げ方は人それぞれですが、から田揚げは二度揚げはしません。低温であげているうちに勝手に温度が上がり、最後はカラリと揚がります。160℃から170℃の低温で時々ひっくり返しながら温度が上がるまで揚げ、最後は180℃程度で。はじめは早めにひっくり返してください。衣がフライパンの底に付いて形が悪くなるので。)

 

できあがり!熱いうちに食べたいですが冷めてもおいしいです。

 

 

 

手羽元で作っても。(手羽元の場合はもっとじっくり骨まで火を通す)

でも個人的にはシンプルなのが好きです

個人的には鶏ももに醤油、生姜しぼり汁、ニンニクのすりおろし、酒で味付けし、片栗粉で揚げるだけのシンプルなのが好きです。

例えば鶏もも肉1~2枚分に、しょうゆ大さじ1、塩小さじ2分の1、酒小さじ1、コショウ少々&お好みで砂糖少々、ニンニク・ショウガのすりおろし適量に付け込んで片栗粉で揚げたシンプルなものです。

でも毎回フライパンなのは変わりません。形はよろしくないです。

まとめ

以上、から田揚げのレシピでした。

新しい油を使っていますので、使い終わった後の油を、F家ではチャーハンに使っています。
余ったから田揚げ、添え野菜のレタスも無駄なく使えていいですね。

また、コショウはチャーハンに限っては白コショウと黒コショウブレンドのS&Bテーブルコショウが一番おいしいなと思います。

 

さて、
から揚げと竜田揚げは、どちらにしても大人気でレシピもたくさん。
イロイロ作ってはみるけど、好みの味にならなくて試行錯誤しますよね。筆者もかれこれ15年間サクサクブームだったり、しっとりブームだったり、さっぱり、こってり、衣厚め、粉だけシンプル、衣2度漬け、片栗粉+小麦粉ミックス、タレにこだわる、2度揚げ3度揚げ、先に煮込んで味しみこませる、塩レモン・・・

どれも美味しかったのですが、筆者のまわりでは、子供から大人まで万人ウケするのは今回のF家定番の「から田揚げ」の安定版でした。子供にはニンニクを減らして下さい。