朝ドラ・みね子の心の声が心に響く

主人公みね子が借りている部屋の大家さんは、とてもクセのある、でも魅力的な女性。わかりやすく手土産やらを催促するわけです。

ある時、そんな大家さんと触れ合う中、みね子の心の声が言うのです。

「予想のはるか上を行かれた、ある種のすがすがしさのようなものが・・・」

・・・と。

なんだか・・・心に響いてしまいました。

これからも、みね子の一言一言が楽しみです。

ちなみに、「心に響く」は、英語で

It resonated with me.

または

It really hit me!
It strikes me.

などと言えるようです。

前者はちょっと詩的な表現で、後者はみんなが日常的に使うそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク