使用済みの「ワイプオール手作りマスク」を洗って再利用&修理

前回ワイプオールで手作りしたマスクを
使用後に洗って再利用してみました。

そして、洗った時にほつれた部分の修理もしてみました。

↓関連記事

ワイプオールでマスクを手作り。マスクのヒモはダイソーの伸縮包帯が耳も痛くないし安い!
先日勝手に紹介した不織布のワイプオールで、勝手にマスクを作ってみました。 マスクのひもはダイソーの伸縮包帯が安くて耳も痛くないし勝手に代用可能。ノーズワイヤーは使用済みマスクのを消毒して勝手に使用。 接着はダイソーで買ったサージ...

 

※この記事はマスクの再利用をおすすめするものではありません。個人的な体験談です。

スポンサーリンク

ワイプオールで作ったマスクを洗って再利用

本当は、一回使い切り(使い捨て)前提で作ったマスクなのですが、なにせ繰り返し使えるほど丈夫なワイプオール。「もったいない」と思ったので洗って消毒して再利用できるのか試してみました。

これは洗う前の状態↓

洗って消毒して乾かす

洗って、濡れた状態のまま消毒スプレーしたあとの状態。

乾かす。

乾いた状態。

形を整える

しょぼくれていますが、付け心地はわるくありません。

Reuse DIY Mask wash dry heat Alcohol spraying disinfection

洗濯後のアイロンはおすすめできない

折り目に関しては、当て布をして3秒くらいアイロンを当てればシャキッとしますが、アイロンするとこんな風になってしまいます。

つまり、洗濯した後のアイロンはぜんぜんおすすめできません。

綺麗に形を整えるだけの方が100倍まし。

洗って再利用した時の使い心地

再利用してみて思ったのは、洗ったマスクの方が柔らかいので、話をしやすいというか、口を動かす時の擦れは柔らかいです。

ただ、やっぱり1度洗うと少し毛羽立ってしまうので ”くすぐったい” です。

全然話をしない日なら再利用のマスクでも1日中付けていられる感じでした。

自分で手作りしたから修理可能

それにしても、洗濯すると耳ひもが取れかけたりするんです。

だけど、このマスクは自分で作ったから、どう直せば良いかが分かるんですよね。

手作りの良いところは、自分のサイズで作れたりする以外にも、修理するのも簡単ってところ。

という事で、今回この壊れたマスクは最初に両面テープを付けていなかったので、取れた部分に両面テープを張りました。

その後もう一度サージカルテープを張って、シーラーで接着しました。

 

洗濯してみて良かったです。

手作りする時に、やはりこの部分の接着を頑丈にしなくては、等のヒントが得られました。

サージカルテープとシーラーだけでも全然平気だと思っていましたし、実際シーラーでキレイに接着できていたのですが、再利用する事や、外出先で耳ひもが取れた時のことを考えたら、やっぱり耳ヒモをつなげる部分には両面テープが必要だと思ったので、前回の作り方も訂正しました。

まとめ

今回は、前回作ったワイプオールのマスクを洗って消毒して再利用してみました。

そして、洗った時にほつれた部分をなおしてみました。

手作りマスクはサイズも自由に作れてお直しも出来るので、マスクが買えなくてもなんとかなるなと、ちょっと心が落ち着きました。

この記事を書いた人
秘密のファイファイ

アラフォー+のメイン管理人。もちろんアラフォーです。みんなにひみつでブログを書いたり、アラフォーメンバーと一緒にあれこれコソコソ活動しています。アフィリエイトもその一つ。時々ブログを交換して管理することでお互いに発見があって面白いです。

秘密のファイファイをフォローする
生活イロイロ
スポンサーリンク
秘密のファイファイをフォローする
アラフォー+