何にでも使える万能水「ローズウォーター」を毎日の生活に

数千年の時を超え今なお愛され続けているバラの女王ダマスクローズ。

その美容効果をローズウォーターなら手軽に取り入れる事ができるので、当ブログのアラフォーメンバーも全員愛用しています。

化粧水に、リフレッシュに、水分補給や健康維持など、毎日の生活の必需品。

ダマスクローズの効果をローズウォーターで取り入れる

女性ホルモンを活性化させると言われるバラ。肌のコンディション(PH)を整え、適度に保湿してくれます。清潔感のあるみずみずしい甘い香りは幸福感を与えてくれる事でも有名ですね。

 

そんなバラの中でも特に香り高いダマスクローズは、抗酸化作用などの美容効果や胃腸障害の改善効果があり、抗酸化、抗炎症、抗菌、抗うつ作用などもあるそうです。

美容と健康効果に加えて心のケアまで出来るダマスクローズは今も昔もアラフォー女性の強い味方。

中東で発祥し、アフリカ、地中海沿岸からフランスはじめ現在は世界中で栽培されているダマスクローズ。

そのローズウォーターは、古くから「美容の水」、宗教では「聖なる水」として珍重されてきたようです。

 

ローズウォーターは、その名のとおり、バラ水。

製法が2種類あり、ローズの精油と水で出来た物と、ローズの花を水蒸気蒸留法で精油を抽出する際に出来た「フローラルウォーター」があります。

管理人は個人的に古代からの伝統的な水蒸気蒸留のフローラルウォーターが好きです。

精油と水でつくられたローズウォーターの場合、オイルが薬剤を使用して抽出された(アブソリュート)ものなのか、それとも、水蒸気蒸留によって抽出されたもの(オットー)なのかが分かりにくいからです。

 

でも、薬剤(溶剤)を使った方法にしか抽出できない香りや成分もあって、一般的にはアブソリュートは華やかな香りがすると言われています。オットーは重厚感があると言われることが多いでしょうか。

ローズウォーターを使い倒そう

すでにどこに出かけるにもカバンに忍ばせているローズウォーター。

管理人のアラフォー友達にもおすすめしまくった結果、美味しい美味しいとゴクゴク飲む人もちらほら。

そう、高品質のローズウォーターは飲めるのです。

数千年以上前から、バラは食用としても栽培されてきて、ローズウォーターも普通の飲まれてきたらしいので、特に珍しいことではないのですが、我々アラフォー友達の間に定着したのは、ここ数年です。

さて、ローズウォーターは化粧水に使うのはもちろんなんですが、結構いろんな事に使えるんです。

例えば耳掃除のとき、ローズウォーターで湿らせたコットンを固く絞って耳の外側を拭いたり、耳の後ろを拭いたりすると、加齢臭予防にもなりますよ。

購入して日数が経ってしまったローズウォーター製品の大量消費のために、足湯にも利用しています。

抗菌効果があるので、歯磨きの後のマウスウォッシュやうがいに使えるのはもちろん、先ほども言いましたが、飲用として売られている製品なら飲むこともできます。

 

管理人は紅茶や炭酸水にローズウォーターを5ml~10mlくらい入れて飲んだりします。

ともだちは手作りのお菓子の香りづけに使っていますし、

リネンスプレーとしてもおすすめです。大事な衣類はシミにならないように、きめの細かい霧タイプのスプレーで遠くからスプレーしています。

気分転換にもつかえますよね。空中に噴射して落ちてくるローズの霧の中をクルクル回ってはしゃぐアラフォー女性メンバー…なかなか楽しいですよ…

家中のいたる所にスプレーボトルを置いておくこともあります。

ルームスプレーとして、手を洗った後に水道水の成分を化粧水でふき取りたい時にも。

工夫次第で自由な発想で何にでも使えそうですね。

 

 

【ローズウォーター製品一例】

飲むことを目的として作られた安心の名門ブランド「アサオカローズ」さんのローズウォーター。

ローズウォーター 水 500ml バラ 八ヶ岳 国産 無農薬

ダマスクローズを日本国内で栽培&蒸留して作られたローズウォーター

ゴルムハマディ ダマスクローズウォーター 500ml

幸福感が得られるバラの香りを身近に取り入れると、カサカサした心も潤いそうです。

品種や地域、製造方法、材料などによって全く違う香りだし、同じメーカーのモノでも毎年どこか違う香りに仕上がるローズウォーター。来年2019年産のローズウォーターも世界各国、各ブランドから発売されます。心待ちにしています。

これからもダマスクローズに限らず愛用したいと思います。

この記事を書いた人
まち

アラフォー。バツ複数回。結婚より独身が向いている。人生はサバイバル。経済的自立と防犯防災対策の重要性を感じている。一方で本を読みだすと自分空間に入りこみ、近隣で大きな事故があってサイレンが鳴っていても気づかない。

まちをフォローする
健康・美容
スポンサーリンク
まちをフォローする
アラフォー+